事故にあった場合は評判のいい名古屋総合法律事務所に相談しよう

税に関する難しい問題

PCを操作する人

税理士はどのようなときに必要とされるか

税理士が必要になるときとして一番に思い浮かぶのは確定申告の時であろう。個人の所得を申請するくらいの簡単なものであれば依頼する必要は少ないが、個人事業主や企業となると税金の計算や経費の計上など税金の計算が複雑になってしまうため、税金のプロの手を借りるのが有用である。税理士の独占業務に税務申告の代理や税務申告書類の作成があり、普通事業主しか行えない税金の申告等を代理してくれるのである。お金はかかってしまうが、税金のプロに税務を依頼した方が通常の業務が滞りなく進むので、現在はほとんどの中小企業が顧問税理士を有しており、インターネットビジネス等で増えつつある個人事業主も複雑な税金計算の手間を避けるために、今後は依頼が増えていくことであろう。

試験と登録が必要である

独占業務を持っている国家資格ということで人気のある税理士なのだが、簡単になれるわけではない。まず、突破しなければいけないのは税理士試験である。実務経験等で試験が免除される場合もあるが、ほとんどの場合試験を受ける必要がある。試験は年1回で11科目のうち必須2教科、選択3教科の計5科目を合格すれば晴れて税理士の資格を手に入れられる。科目数だけ聞くと簡単なように思うが、それぞれ膨大な範囲と難易度で合格率は各科目10%程度、5科目一気に合格するものはごくまれである。しかし、一度合格した科目は永遠に合格扱いされるため、何年かかけて試験を合格することがほとんどである。このため、働きながら受験する人も多い。しかし、試験を合格したからといってすぐに税理士を名乗ってよいわけではない。税理士協会に登録する必要があるので、登録せずに税理士の仕事をすると法律違反になるので注意が必要である。